美肌とコラーゲン 

赤い花と保湿剤
美肌づくりに、コラーゲンは欠かせません。

じつはからだの中にあるコラーゲンの種類は、29種類もあります。

そのうち9種類は皮膚にあり、肌のハリや弾力を保つ役割をはたしている美肌づくりにかかせません

タンパク質の一種で、からだの柔軟性を補っているため、健康なからだづくりにも欠かせない存在です。

コラーゲンが減少するニ代要因

①紫外線

紫外線は、コラーゲンの繊維を破壊します
さらに紫外線を浴びるとからだの中から活性酸素がでるため、細胞にダメージを与えてしまいます。

②加齢

年齢とともにコラーゲンの生成する力は衰えます
コラーゲンをつくりだす、「繊維芽細胞」が加齢とともに低下していきます。
そのため、コラーゲンを生み出す力が弱くなり、ハリや弾力がなくなっていきます。
コラーゲンは25才をピークに、40代にはその半分、60代には三分の一にまで低下します。

肌の構造

ススキをバックに女性がたっている
肌のハリを支えているのは、コラーゲンだけはありません。
コラーゲンは、正常であれば均等ならせん状の形状になっています。
らせん状の繊維を支えているのが、「ヒアルロン酸」と「エラスチン」です。

役割
ヒアルロン酸 肌の水分維持の役割を果たしている
エラスチン 肌弾力を維持する役割を果たしている

コラーゲンのつくられ方

真皮幹細胞

繊維芽細胞

コラーゲン

コラーゲンの特性として、一度つくられると数カ月から年単位で分解されていきます。
コラーゲンを生み出す力とキープするのが美肌づくりのポイントです。

さらに「繊維芽細胞」は、「真皮幹細胞」から生み出されます。
そのため真皮層にアプローチをかけることで、コラーゲン生成が活発化します

真皮層にアプローチする、BBLはコラーゲンの合成を活発にし、肌にハリと弾力を生み出します。
日頃からコラーゲンを多く含んだ食生活と合わせて、生活に取り入れると長く美肌をキープできます。